ホームページ、アプリ制作、システム開発、ドローン撮影、デザイン、フルスタックエンジニア

【Unity】C#構文:switchとif

2019/08/31
 
この記事を書いている人 - WRITER -

switch文とif文で…

C#の場合、「switch」文では、変数の一致判定しかできず、
VBの「SelectCase」文のような、複数条件や範囲条件、
比較条件などを組み合わせた柔軟な判定ができません。

つまり、「if」文よりも多枝分岐に向いているとはいえ、
分岐が多い場合、条件を組み合わせた判定ができず、
「if・・・else if・・・else」文でも同様の多枝分岐が可能です。

①実行コードに重複がない場合

・switch文①

switch (変数) {
	case 値A:
	実行コードA;
	break;
	case 値B:
	実行コードB;
	break;
	default:
	実行コードZ;
	break;
}

 

・if文①

if (変数 == 値A) {
	実行コードA;
} else if (変数 == 値B) {
	実行コードB;
} else {
	実行コードZ;
}

 

②実行コードに重複がある場合

・switch文②

switch (変数) {
	case 値A:
	実行コードA;
	break;
	case 値B:
	case 値C:
	実行コードB+C;
	break;
	default:
	実行コードZ;
	break;
}

 

・if文②

if (変数 == 値A) {
	実行コードA;
} else if (変数 == 値B || 変数 == 値C) {
	実行コードB+C;
} else {
	実行コードZ;
}

 

この記事を書いている人 - WRITER -

comment

アバター画像を選択してコメント投稿できます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 新潟在住エンジニアのブログ , 2019 All Rights Reserved.